「結婚を考えるなら、男性の胃袋を掴んだほうが良い」と格言のように言われていて、耳にした人もいるとは思います。そして、…

「結婚したいなら、男の胃袋をつかむのが近道」と昔から言われていて、聞いたことのある人たくさんいるとは思います。そして…

「結婚したいなら、男性の胃袋をつかめ」と格言のように言われているわけですが、実際にこれは間違いではありません。その理由は、結婚となると普通で考えれば、一緒に暮らすことになります。そうなると、当然、食事は毎日のことになるので、やはり料理するのが好きで家事を率先してやってくれる女性が必要とされるからです。・・・が、「得意料理は何ですか?」と尋ねられたときに、カレーライス・パスタと返すのは控えるべきです。男性の多くは、パスタを軽食レベルのものと感じています。そして、カレーライスは時間がかかる割に、手抜きのように感じられるので、ルウから作る、ぐらいでないと得意料理に挙げられてもガッカリされてしまいます。「あなたの得意料理は何ですか?」と相手に質問された際、ぜひお勧めしたい料理は親子丼。気取ったメニューでもないですし、非常に家庭的な雰囲気がありながら、きれいに仕上げるのが意外に難しく、料理上手、と思ってもらうことができますし男性からのリアクションもかなり良いので、実際に作る練習をして自信をつけたら、婚活でアピールしてみましょう。

結婚活動パーティー・マッチングサイトなどを使うこと・・

結婚活動パーティー、または婚活サイトなどのサービスを介して現実的には、どのくらいの割合で成功できるのでしょう?統計的には、およそ2~3割だそうです。結婚活動をしている身としては、ひょっとすると、少ないと感じるかもしれません。だけれども、殆どの場合、結婚する相手とは、婚活系イベントの外で出会っているんです。そういう点も理解し、日常の生活の中で「出会い」の頻度を高められるように努力しなければいけません。どんなタイミングで出会いが待ち受けているかわからないからです。何気ない出会いによって結婚相手に出会うこともあるので、諦めずにがんばっていきましょう。