結婚活動自体、今や、それほど珍しいものとは思われなくなっ…

結婚活動していることは、近年では、珍しいものとして見られることも減…

  • 結婚する相手を見つけるために婚活することは、今や、ぜんぜん珍しいことではなくて、社会的に認知されつつあります。結婚する相手を探すために結婚活動している、というと一昔前であれば、一般的な観点からは、婚期を過ぎてしまった人たちのイベントという印象を持っている人が大半でした。ですが、今となっては結婚活動の捉え方が根本から違ってきているのです。上記にも述べたような、結婚するタイミングを逃した、から婚活しているわけではなくパートナーを選ぶ、という考え方に変わりつつあります。かなり若い世代でも、インターネット上で、とても気楽に、パートナーを見つけられる時代にもなりました。ですから、婚活をするのが恥ずかしいというイメージも今となっては、時代錯誤ともいえます。結婚に興味がある、にも関わらず、なかなか恋愛のチャンスに恵まれないと思う人は、いままでの古い固定観念を捨て、肩の力を抜いて結婚活動に挑んでみてはいかがでしょう?

  • 結婚を考えてみると、内面よりも収入が大事なのかと疑います。

  • 真剣に結婚を考えたとき、内面よりもお金(収入)が大事なのかと疑います。収入は大きな問題といえます。このことは、実際に私が婚活を始めて「きっと、そうだ」と感じました。現実には私自身の収入は、決して多くはないので、それが結婚の障壁となっているのだと思います。そんな風に考え始めてからは、自分の思い違いかもしれませんが、好きな相手との会話もあまり盛り上がらないように感じます。最初は、単なる思い過ごしや被害妄想かもしれないと思っていたのですが、何度もそのような経験をすると、やっぱり、結婚活動(婚活)では収入が良いほど強みになるのは間違いないと確信します。現に、きちんと稼げている知り合いは、婚活を開始して、すぐに相手が見つかり結婚しました。私は、その光景を目にして、さらに婚活が現実的なものだと感じずにはいられません。私が婚活をうまく成功させるためには、お金の問題をどうにかする必要があります。